アキレス腱の痛み

< 原 因 >
アキレス腱はふくらはぎ(腓腹筋、ヒラメ筋)で構成されており、歩く、走る、ジャンプするなど足首をよく動かす動作の際に張力が働きます。原因の多くは過度な運動で負荷がかかり炎症がおきてしまうオーバートレーニングに多く見られます。また、加齢などによる張力の硬さも原因である。最適な運動量でないことも原因となる。

< 症 状 >
@症状が軽い頃は動き始めの時の痛みにとどまるが次第に常に痛みを感じ歩行にも差し支えが出てくる。
A左右のアキレス腱の太さに変化が出てくる。(腫れ、炎症)
B足首を動かすとギシギシと摩擦音を感じる。

< 対 処 法 >
@運動量を少し減らしながらふくらはぎに張りが出ているよであれば適切な処置で緩和させる。
A足関節の動きの悪さも影響していると考えられるので柔軟性のある柔らかい関節をつくる。
B歩行、走行での悪い癖をつきとめ正しいフォームに直す。
C足底の張りにも注意し堅いソールやクッション性の低い靴は避けるようにする。

アキレス腱の痛みは2次的に出た痛みの場合もあるので、おかしいと感じたら受診し原因を理解し適切な対処で早期に痛みを取り除きましょう。